メモ帳がわり
まったりとオリジナルの小説未満のネタなどを放置する、メモ帳がわりの文章置き場です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/02/16(土)   CATEGORY: 未分類
文章会議
友達と文章を書くということについて熱く語ったので覚書。
話の作り方

友人1

①書きたい要素を集める。
②話の展開を考える。要素をつなげたりとか
③頭の中にある映像で流れるシーンを一つづつ書いて、それがつながるように整形していく

という感じかな。
なるほど、と思ったのは、要素を集める点。
友人1の場合は、それがキャラ小説のもとになってるみたい。
友人1は人間の心情を書きたがる傾向にあるので、人間の設定から考えてしまうのかな。
小説が映像で出てくるというのも絵を書く人だからかしらん。



友人2

①ふわふわ話のかけらを考えて、引っかかった物をピックアップ
②引っかかったものをよく考えて膨らませて筋にする。
③後からつじつま合せ、文章の見た目を整える。

面白いとおもったのは、文章の見た目を気にしている部分。
出版された本だと文字が詰まっているのが普通なんだけど、友人2はWEB上の文章の見た目を気にするらしい。
行間が空いていたほうが読みやすいんだとか。WEB歴の長い彼女ならでは。
ファンタジーが多いのも、多分最初のふわふわのストックが、ファンタジーが好きだった頃に溜めたものが多いのかもしれない。



自分

①何を書きたいかテーマを決める
②テーマに使えそうなネタをネタ帳から引っ張ってくる
③大まかに筋を決めつつ、場面を書く。あとはひたすら埋める作業。

自分は友人達みたいに量をこなしてないんだけど、やっているとしたらこんな感じ。
テーマに愛を持てるかが書き終えられるかの可否を表してる。
飽きっぽいので、詰まってくると愛の比重があるところの描写がねっちょり濃厚になる。詰め詰めの文章が好き。



スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © メモ帳がわり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。